2004年秋・冬限定コスメ(イヴ・サンローラン編)

 先日予約したイヴ・サンローランの限定「アイラインコレクション」を受け取りついでに、専属MAさんがいらしているということで、メイクをして頂きました。もちろん化粧落としてベース作りから。イヴ・サンローランは高校のとき(バブル全盛期)当時丸の内OLの定番と言われたリップNo.19をもらって、色・匂いとともに「ウェ〜ッ(><)。。。」と思って(愛用していた方、ごめんなさい)以来遠ざかってました。あれから1○年、雑誌に載っているのを見て「ん、かわいい!?」。案外食わず嫌いなだけかもしれない、ということでテスターで試したうえで予約したってわけ。
前振りが長くなってしまたけど、当然ここのスキンケアものを使うのは初めて。どうしても外資系ブランドのスキンケアものは臭い・刺激が強いというイメージが拭いきれず、「できるだけアルコールの入っていないシリーズで」とリクエスト。するとBAのお姉さん、「9月に発売されたばかりのこれ、お薦めですよ〜」と「ブースティングローション」なるものを塗ってくれた。確かに刺激はないけど、やっぱ匂うじゃん!ガマンできない程ではないけど、スキンケアものはやはり国産ものしか使えませぬ〜。
その後いろいろ塗りたくられ(匂いが気になって何塗られたか忘れた)、ファンデとお粉で仕上げた後、専属MAさんと交代。 ここからが本題(^^;。「アイラインコレクション」は赤味がかったゴールド、ボルドー、濃いグレー(全てパール入り)の3色が入ってるんだけど、まずは瞼全体にゴールドを、二重の幅にぼかす感じでボルドーを、そして目の際をやはりぼかす感じで濃いグレーを入れました。するとどうでしょう、キレイなグラデーションが出来上がってるじゃないですか(≧▽≦)!「これだけでも十分キレイですけど、この上から粉のアイシャドウを乗せるとニュアンスが出てもっと素敵ですよ☆」とMAさん。今度は濃い色からボルドー〜パープル系で目の際から徐々に明るい色を乗せます。うんうん、いいじゃないですか!!「クリーム物は瞼全体から明るい色〜目の際へ濃い色、粉物は目の際から濃い色〜瞼全体へ明るい色の順に乗せると、簡単にキレイなグラデーションできますよ」とのこと。朝時間あるとき、是非そうやってアイメイクしてみたいです(無理無理)。その後ハイライトやらチークやらシェーディングやら乗せて、最後にリップ。今回は肌色に近いアイペンシルを唇の赤味消しに使って、その上に赤味がかったゴールドラメぎっしり入ったグロスをたっぷりとオン!なんともゴージャスな唇…(*o*)。コスメ雑誌に出てきそうなプルプル感ときらめき感。正にパーティー向き。普段こんな色あり得ないって!「1度やってみたかったんだよねー」ってあたしゃ実験台かい!?
そんなこんなでメイクも全て仕上がり、目的のアイラインコレクションを無事お買上げ。リップはトイレでティッシュオフしたらちょうどいいかんじでした。
アイラインコレクションは3色のアイラインの他に付替え式のブラシ3種類入っています。3種類をいろいろ使い比べてみるのも楽しそう♪

 人気blogランキング ←1日1クリック応援してもらえるとうれしいです(^o^)
posted by あやてい at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 限定コスメ
2004.11.04
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


化粧です
Excerpt: 1936年 8月1日、アルジェリアのオランに生まれる。 1953年 IWS主催のデザインコンクールにおいて、カクテルドレスを発表し17歳で、最優秀賞を受賞。 1954年 クリスチャン・ディオールに迎..
Weblog: 化粧です
Tracked: 2007-08-01 16:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。